家探しをいつするかで違うもの

家探しをしなければならないときに一番多い理由に転勤が挙げられますが、時期や地域によって変わってくるものがあります。引っ越しのシーズンといわれているのは1月から3月で、この辺りは空き部屋など物件も多く出回るため家探しに最適な時期です。4月から6月はジューンブライドの月が重なるせいか、新婚向けのファミリータイプが多くなるため転勤で家族もいっしょにという方には最適です。引っ越し時期のピークを過ぎているので、比較的ゆっくりと物件を見ることができます。7月から9月の夏場は閑散とした感じになり、家探しには物件が少ないため不向きですが、引っ越しが少ない分料金を安く済ませることが可能です。この時期に転勤の辞令が出たら、引っ越し業者の見積もりを取って比較すれば、お得に引っ越すことができます。10月から12月は推薦入試で進学が決まった学生が部屋探しを始めるため、物件もかなり増えてきます。混雑のピークを過ぎた4月や家探しをする人が少ない夏場は大家さんも必死になるため、意外と交渉しやすい時期といえます。単身でいいのかそれともファミリー向けにするのかなど、具体的に決まっているなら比較的掘り出し物があるシーズンといえます。

家探しの凄い情報

↑PAGE TOP